SCROLL

Exhibition展示

芸術文化と企業の関わりを どう繋げていくか・・・
世の中がIT化される中、紙はその存在が薄れることなく私たちの身近なものになっています。
富士市には多くの製紙会社があります。ただ紙を生産するだけでなく常に技術を高め、私たちにより良い紙を提供してくれています。
紙は私たちの生活に欠かせないものでありながら、その存在を意識することはあまりありません。
紙の歴史、文化、芸術、そして技術を知ることにより紙の魅力を探ることができると思います。
今回は富士市内の会社と当ミュージアムのコラボレーションにより制作された作品の展覧会です。

プロデュース:漆畑勇司
制作:富士木材株式会社

施設情報

開館時間
10:00~18:00
休館日
月・火曜日 *ただし7/17(月祝)は開館し、7/19(水)を振替休館
臨時休館日:8/21(月)〜8/24(木)
観覧料
無料
主催
富士市
主管
一般社団法人富士芸術村

【特別講座】7/17(月祝)
①「ダンボールで写真立てをつくろう」10:00〜11:30

写真をストックできる写真立てをダンボールで作ります。

会 場:ふじ・紙のアートミュージアム 交流スペース(ロゼシアター1階東)
定 員:先着20名(幼児から一般対象)
参加費:おひとり500円
申込み:ミュージアムまで お電話で お申込みください。( TEL 0545-32-6581 )

② 「紙を語る」14:00〜15:30
小長井 義正(富士市長)
川口 祐介(富士木材株式会社代表取締役社長)
漆畑 勇司(ふじ・紙のアートミュージアム館長)

富士市の地場産業である紙について歴史をたどり、新たな方向性をさぐる鼎談です。

会 場:富士市文化会館 ロゼシアター1階 展示室
定 員:先着150名
参加費:無料
申込み:ミュージアムまで お電話で お申込みください。( TEL 0545-32-6581 )

締切りは7/15(土)としますが、 先着順に受付し、定員になりしだい締め切らせていただきます。
お問い合わせはミュージアムまでお電話にてご連絡ください。

Topicsトピックス

2017.06.12
第三弾企画「紙の美」を6/14(水)より開催致します。
2017.05.19
開館時間を、6月14日(水)より変更いたします。
開館時間:10:00~18:00
休館日:月・火曜日(ただし祝日の場合は開館し、翌水曜日を振替休館)・ロゼシアター休館日
*「広瀬護展」終了後(5月29日(月)~6月13日(火))は、準備のため展示スペースを休館させていただき、
交流スペースのみ開館いたします。
次回展覧会「紙の美」2017年6月14日(水)~8月27日(日)
2017.02.22
ミュージアムの交流スペースにて第1回[つくる講座]を開催致します。
紙の感触を楽しみながら、ゆらゆらと“そよぐ”作品を制作します。
お子さまはもちろん大人の方もぜひご参加ください。

第1回 つくる講座「そよぐ紙」
日 程:2017年4月23日(日)10:00~11:30
会 場:ふじ・紙のアートミュージアム 交流スペース
対 象:小学生以上(お子様は保護者同伴でご参加ください。)
定 員:先着20名(要申込)
講 師:影山早苗
参加費:ひとり500円(材料費・保険料)
持ち物:なし
申込み:お電話でお申し込みください。0545-32-6581
2017.02.22
第二弾企画「広瀬護展」を2/23(木)より開催致します。

Facility Information施設概要

場所
富士市文化会館 ロゼシアター1階 東側
開館時間
10:00~18:00
休館日
月・火曜日(*ただし祝日の場合は開館し、振替休館があります。)・ロゼシアター休館日
観覧料
無料

Accessアクセス

交通案内
東名富士インターチェンジより約2.3km、国道1号より約2.2km。
バスの場合はJR富士駅(北口バス停)から15分「ロゼシアター入口」下車、徒歩2分。
新幹線JR新富士駅(北口バス停)から15分「ロゼシアター前」下車。
※発車駅によって到着するバス停が異なります。お帰りの際はご注意ください。
駐車場
富士市文化会館ロゼシアターの駐車場をご利用ください。
※ロゼシアター開催の公演により混雑する場合があります。
住所
〒416-0953 静岡県富士市蓼原町1750番地 富士市文化会館ロゼシアター1階
TEL:0545-32-6581 FAX:0545-32-6582
観覧料
無料
設置者
富士市市民部文化振興課
運営
一般社団法人 富士芸術村 事務局 (代表理事 漆畑勇司)

Contactお問い合わせ

お名前
メールアドレス
メールアドレス(確認)
お問い合わせ内容