Artist Profile

1958年岐阜市生まれ。東京芸術大学大学院修了。在学中に「段ボール」を用いた作品で注目を浴び、国内外で個展・グループ展を多数開催する他、舞台美術、パブリックアートなど、多岐にわたる分野で活動中。近年は、各地で一般参加者とその地域の特性を生かしたワークショップを多く行っている。現在、わが国 で最も人気の高い現代アートの顔とも言える存在である。
1982年第3回日本グラフィック展大賞、1983年第30回ADC賞最高賞、第1回JACA展グランプリを受賞。1986年シドニー・ビエンナーレ、1995年ヴェネチア・ビエンナーレに出品、1999年度毎日デザイン賞グランプリを受賞。
2005年、水戸芸術館で「HIBINO EXPO 2005日比野克彦の一人万博」を開催。2006年、太宰府天満宮宝物殿にて日比野克彦展「描く書く然々(かくカクしかジカ)」を、九州国立博物館にて、ワールドカップをテーマに「アジア代表日本」をテーマに展覧会を開催した。同年秋、自らの出身地である岐阜・岐阜県美術館において個展 、美術館と劇場を行き来する実験的な試みを仕掛けた。
2009年、東京芸術劇場で[But-a-I]を移設しパフォーマンスのプログラムを展開。「開国博Y150」(横浜)にて「横浜FUNEプロジェクト」を監修。水と土の芸術祭(新潟市)水都大阪2009に参加。2010年にはサッカーW杯の会場・南アフリカへMATCH FLAGを届け、スタジアムでムーブメントを起こした。(財)日本サッカー協会理事就任。
2011年、震災後に東日本大震災復興支援活動「HEART MARK VIEWING」を立ち上げ、大きな被害を受けた人びとがものを作る喜びを取り戻すきっかけを作り、人と人を繋ぐことを試みる。
9年目を迎える「明後日朝顔プロジェクト」など、精力的に全国を駆け回っては、受取り手の感受する力に焦点を当て、様々な地域の参加者と共同制作を行いながら社会で芸術が機能する仕組みを創出する。

←Back